カードローンで総量規制に引っかかる人はどれぐらいいる?

総量規制に引っ掛かる人の条件を知ることから始めてみましょう。年収の3分の1以上になると、消費者金融や信販会社では借りることができなくなるのがこの規制です。年収が300万円であれば100万円しか借りることができなくなります。統計的には正しい数字は出ていませんが、多重債務者になるとこの条件に合致することが多くなりますので、カードローンの契約を多数している人ほど、引っ掛かることになります。

ただしひとつだけ例外があります。銀行カードローンだった場合は、この総量規制対象外になりますので、年収の3分の1以上を超えていたとしても、借りることができます。ただし現実的にはそう簡単ではありません。いくら規制対象外になっている銀行カードローンであったとしても審査はきちんとしています。また消費者金融と比較すると、審査は厳しめになっているのが銀行カードローンです。よって総量規制に引っ掛かるような人は残念ながら銀行カードローンでも審査が通らない可能性があることを知っておきましょう。

この規制から逃れられる方法があるとするなら、収入を上げることになります。また返済をすることによって、規制対象外することもできるでしょう。収入は自己申告になり、各貸金業者の条件を満たしていれば、収入証明書も不必要ですので、いくらでも誤魔化せることはできますが、収入証明書の提出を求められてしまうと、嘘であることが発覚します。あくまでもこの規制は利用者を守るものであることを知っておきましょう。