年金を担保にお金を借りる方法は?

日本には年金制度と言うものが在りますが、年金と言うのは定年退職をされた人が老後の生活を保障する目的で国が支給するお金になります。
働いている時には給料として会社からお金を支給される事になりますが、定年退職して仕事を辞めてしまうと収入がゼロになるため、生活が出来なくなるわけで、こうした事態を回避する目的で年金制度と言うものが存在しているわけです。

しかし、年金生活をしている人でも急にまとまったお金が必要になる事も在ります。
そこで年金を担保にお金を借りることが出来ると言う、年金担保貸付事業や労災年金担保貸付事業が日本には存在しており、所定の条件を満たすことで一定額を年金を担保にお金を借りる事が出来るようになっています。

尚、個人向けのローンを提供している消費者金融や銀行と言うのは基本的に年金だけで融資をするケースはありません。
貸し付け条件の中には年金受給のみと言うのは対象外になっているケースが多く在ります。

但し、信用金庫の中には年金受給の場合もカードローンを利用することが出来るケースが多く在ります。
信用金庫と言うのは地域に貢献することを目的とした金融機関で在り、営利目的ではないため地域に密着した営業スタイルを持つことからも、通常年金受給のみの人が利用することが出来ないカードローンを用意しているのです。

国民年金、厚生年金、厚生年金基金、共済年金などの年金を受給されている事、営業区域内に住んでいるなどの条件が在りますが、年金受給のみの人も申し込めます。